兵庫県宝塚市を拠点としたサッカースクール☆新規会員募集中

【エスコートキッズ】サッカー選手が子供と入場するのはなぜ?【豆知識】

 

ワールドカップなどのサッカーの試合が行われる際、選手入場でサッカー選手が子供と手をつないで入場しているシーンを見たことはありませんか?

彼らは「エスコートキッズ」と呼ばれており、入場から国歌斉唱の間、選手のそばに立てます。

「どこかのサッカーチームの子なのかな?」

「うちの子も選手の隣に立って一緒に歩けるんだろうか」

もし、エスコートキッズに選ばれるものなら選ばれたいですよね。実はエスコートキッズには誰でもなれる可能性があるのです!

今回はあまり知られていないエスコートキッズについて解説していきます。

 

 

もくじ

 

この記事を書いているのは?

 

この記事は、兵庫県宝塚市でサッカークラブを運営しているカルディオフットボールクラブのスタッフが解説しています。カルディオは、会員数500名、幼稚園から中学生の子供たちが在籍しています。どんなスタッフがいるのか知りたい方はこちらから確認してみてください。今回は、カルディオスタッフが独自に調査した結果をもとに記事を作成しています。少しでも参考になれば幸いです。

 

■エスコートキッズとは

サッカーの試合の際、出場選手と共に入場する子供のことをエスコートキッズと呼び、選手と手をつないで入場し、国歌斉唱が終わるまで付き添います。

エスコートキッズは1998年のFIFAワールドカップで初めて導入されました。

ワールドカップなどの国際試合では主に小学1年生から6年生が対象ですが、国内での大会では自分の子供をエスコートキッズとして入場する選手もいるみたいです。

日本でも赤ちゃんを抱きかかえて入場した選手もいるのだとか…

周りの選手やファンにとってもリラックスできる光景ですね。

 

■エスコートキッズはフェアプレーの証

そんなエスコートキッズですが、採用された最大の目的は、選手のフェアプレーの宣誓です。サッカーは選手同士の接触がある激しいスポーツです。

時にはファールにつながるような荒々しいプレーになってしまうこともあります。

そんな時にもフェアプレーの精神を忘れないようにという意味が込められています。

一緒に入場した子供たちに見られても恥ずかしくないプレー、子供たちのお手本となるようなプレーを心がけることはサッカーをするうえでとても大切なことです。

そのためエスコートキッズは「フェアプレーキッズ」とも呼ばれています。

また、試合前の興奮を抑えるためや、国連が推進する児童虐待防止キャンペーンなど、様々な意味合いが込められている。

 

■エスコートキッズに選ばれる可能性アリ?

サッカー選手の中にはエスコートキッズを経てプロになった選手がたくさんいます。

エスコートキッズによる刺激でプロになったかどうかは分かりませんが、その時の感動で人生が変わった人も少なくないでしょう。

そんなエスコートキッズですが、実は誰でも選ばれる方法があるのをご存じですか?

知らない方は是非チェックしてみてください!意外と一般的に公開されています。

 

Jリーグ

Jリーグの場合は、チームにもよりますが、公式ホームページやファンクラブで情報を発信していることが多いです。

応援しているチームがいて、お子さんがサッカー好きならファンクラブに入会したり、公式ホームページを定期的にチェックすればエスコートキッズになれる可能性は高まります。

一度応募してみてはいかがでしょうか?

「チーム名 エスコートキッズ」で検索すれば過去の募集内容を確認できます。

 

日本代表

日本代表のエスコートキッズもJリーグと仕組みは同じで広く募集されています。

全国からスポンサーが募集し、抽選で選ばれます。

勿論日本代表戦はサッカー少年・少女の憧れなので倍率は高くなっています。

JFA(日本サッカー協会)が公式サイトで募集しているので気になる方はチェックしてみてください。

 

 

また、ワールドカップも同様にエスコートキッズを募集しており、誰でも応募できます!そして費用の負担もスポンサーであるマクドナルドが担ってくれるそうです。

太っ腹ですね。

そのせいもあってか、

  • ・2010年の南アフリカW杯では9938通の応募
  • ・2014年のブラジルW杯では9964通の応募

 

この中から選ばれるのはたったの11人なので倍率はなんと900倍

とても狭き門ですが応募しないことには始まりません。

もしも当たったら、世界の舞台で日本代表選手の隣を歩くことになります。

子供も親も今後の人生を左右するかもしれないその瞬間にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました